エンジニアブログ

RSS

画像の保存形式、どうしてますか?

tweets master コーディング画像

こんにちは、コーディング工房です。
今回は、画像の保存形式についての話です。


CSSをコーディングする際に大きく関わってくる、画像の保存形式。
画像の保存形式の特徴を抑えるだけでも、工数の削減に繋がるはず!
ということで、画像の保存形式についておさらいしていきます。


JPEG(.jpg)
読み=じぇーぺぐ
画像の劣化はありますが、圧縮されることによりファイルサイズが小さくなるのが魅力。
写真等、あまりくっきりしていないものに適しています。

GIF(.gif)
読み方=じふ
256色という色数に制限があります。また、背景を透過させたり、アニメGIFを作ることもできます。
使用する色数が少ない場合は、かなりファイルサイズが小さくなります。素敵!

PNG(.png)
読み方=ぴんぐ
劣化無しで圧縮できたり、透明度が指定できたりと良いところが多い優等生。
が、しかしIE6ではJavaScriptを導入しないいと使えなかったりなんだりで、まだまだ普及はしていない印象。
IE9もリリースされた今後、普及してくるのは間違いないと思っています。
グラデーションがかかっている背景画像の上に、グラデーションがかかったボックスを作る時とかにお世話になってます。


画像の保存形式、あなたはどうしてますか?


コーディング工房のFacebookページにて、アンケートを実施致しますので、もしお時間があれば回答してみて下さいね!
コーディング工房 Facebookページ